vegetable

四季折々の個性

当園のある地区は、フカフカで地力の高い関西有数の《黒ボク土》です。美味しい根菜が育ちますので、ビーツやダイコンなど 《根菜》の生産をメインにしています。

roots

自慢の根菜

古くは紀元前より、薬や食べ物として受け継がれてきた様々な《根っこ》をお届けいたします。

端境期

4月〜5月

栽培は全て露地(屋外)のため、ハウス栽培のように季節を問わず野菜が育つような環境ではありません。もちろん《走り》もありません。根菜がまだ小さな 4〜5月と、9〜10月は、年2回の《端境期(はざかいき)》です。この時期は出荷を休む農家さんも多いのですが、4〜5月は、様々な野菜たちが 種を残す為のエネルギーを振り絞っています。そのエネルギーは「つぼみ菜」「花芽」などの形で現れます。それをいただいた私たちの心身は、衣替えのような高揚を感じる気がします。

端境期

9〜10月

9〜10月は実物(みもの)が多くなります。世界一美味しいと言われている丸ぽちゃ型のナスや、最大7kgにもなるズッキーニは、毎日食べても飽きない不思議な野菜たちです。このような、季節によって変わる野菜たちの個性とエネルギーをもれなくお届けしたくて、端境期も収穫出荷をしています。

魔法のスープ菜

生産性の理由で希少となった在来の種は、その美味しさで受け継がれてきた宝物。自立的でダイナミック。振り幅のある唯一無二の個性は 容姿・食味・物語の宝庫。野菜本来の魅力溢れる世界。そんな 一味も二味も違うスープ菜たちの「機会」はまるで 「魔法」のよう。決して自然の摂理に逆らうような、万能の力があるわけではありません。ただ私たち其々の状態に、何らかの力を与えてくれる。そんな気がしてくる野菜たちです。

魔法のスープ菜

生産性の理由で希少となった在来の種は、その美味しさで受け継がれてきた宝物。自立的でダイナミック。振り幅のある唯一無二の個性は 容姿・食味・物語の宝庫。野菜本来の魅力溢れる世界。そんな 一味も二味も違うスープ菜たちの「機会」はまるで 「魔法」のよう。決して自然の摂理に逆らうような、万能の力があるわけではありません。ただ私たち其々の状態に、何らかの力を与えてくれる。そんな気がしてくる野菜たちです。

当園は認証を受けています

高島市こだわり農産物認証ランク1

(農薬・化学合成肥料・不使用)

JGAP認証

(認証番号 ACCIS-G20-042202)